脳梗塞で手遅れになる前に改善を【後遺症が引き起こる可能性あり】

ラクナ梗塞とは

こめかみに手をあてる男性

脳の血管がつまる脳梗塞のうち日本人に多いのはラクナ梗塞です。ラクナ梗塞の症状は、手足の麻痺やしびれ・手の不器用さ・歩行困難や上手に話せないなどです。まずは病気の中身を理解しましょう。

もっと読む

脳に血液が届かなくなると

考えこむ男性

脳梗塞は、動脈硬化によって脳に血液が送られなくなる病気です。これを予防するには、動脈硬化を防ぐ成分のあるカツオやマグロ、イワシなどを食べるのがお勧めです。また納豆やクエン酸、ビタミンEも脳梗塞を予防します。

もっと読む

命に関わる大変な病気

不安げな表情の男性

脳梗塞は生活習慣を整えることである程度予防できます。自分に関係ないというのではなく自分や家族が脳梗塞になるかもしれないということを忘れてはいけません。それだけ現代の代表的な疾患ということです。

もっと読む

要介護の予防が大切です。

視力や言語に影響が現れるリスクがあります。脳梗塞は生活習慣から来ます。早いうちから予防を進めて克服しよう。

つらい症状を改善したいなら潰瘍性大腸炎に関する知識を身につけておきましょう。情報サイトを参考にすると良いですよ。

手を乗せる

脳梗塞は脳血管が細くなる、もしくは血栓等が詰まることにより血液のめぐりが悪くなり、そのことにより脳血管に酸素や栄養素が届きにくくなることで発症するとされています。 特に高齢者ほど発症のリスクが高まると言われています。しかし、高血圧や糖尿病、心疾患等を持っている人も脳梗塞にかかりやすくなるとされています。つまり、生活習慣病を併せ持っている人ほど脳梗塞にもかかりやすいことから、生活習慣の如何によって自ら脳梗塞になりえることも言えるのです。特に脂質の多い食事を普段している場合、血液がドロドロになり、その分血栓もできやすくなります。また、喫煙している人も脳梗塞のリスクを高めるとされているため、予防には禁煙・高カロリーの食事を控えることなどが挙げられます。

脳梗塞は後遺症が残りやすい疾患とされています。特に多い後遺症は身体に片麻痺が残るパターンとされています。しかし、その他にも発生や嚥下の障害、言語障害、失認や失行、人格や精神面の変化といった後遺症も場合によっては起こるとされています。そのまま認知症にも繋がるパターンさえもあります。 つまり、脳梗塞の後遺症が残れば、要介護状態にならざるを得なくなります。したがって、日頃からの予防もしくは少しでも異変や前兆に気付き、脳梗塞を早期発見することが大切といえます。脳梗塞の前兆として、身体の片側に力が入らない、ろれつがまわらない、しびれをかんじるなどがありますが、いずれにせよ、脳梗塞の前兆を知識に入れることも予防の一つとして挙げられます。

病院まで行くのが大変という場合に相談してみませんか。世田谷区の在宅医療はこちら。自宅で必要なケアを受けておこう。

食品を扱うなら必ず行わなくてはいけない検便検査はこちらで依頼することができますよ。価格が安いので費用を抑えられます。